Publication/Awards

受賞

    • 双見京介, フィラメント賞, 関西コネクソン, 経済産業省 近畿経済産業局 (Feb. 2018)
    • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 特選論文, 移動型カメラを用いたセルフヘアカット支援システム, 情報処理学会論文誌ジャーナル Vol.58 No.11 (Dec. 2017).
    • 清水友順, 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 優秀論文賞, ユーザの主観時間制御のためのウェアラブルデバイス向け情報提示手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2016) (July 2016).
    • 双見京介, ベストカンバーサント賞, ユビキタスウェアラブルワークショップ2015 (Dec. 2015).
    • 双見京介, ベストカンバーサント賞, ユビキタスウェアラブルワークショップ2014 (Dec. 2014).

論文誌

      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 移動型カメラを用いたセルフヘアカット支援システム, 情報処理学会論文誌, 58(11), pp. 1776–1786 (Nov. 2017).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 条件づけ刺激を用いたメンタル機能制御支援システム, 情報処理学会論文誌, 58(5), pp. 1025–1036 (May 2017).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 歩数増加支援のため自己ログ改変フィードバック手法, 神戸大学大学院工学研究科・システム情報学研究科紀要 第9号, (9), pp. 28–35 (Apr. 2018).

国際会議

      • K. FUTAMI, T. TERADA, and M. TSUKAMOTO, A method for prevention of missing a target vehicle by using a vehicle timetable with a fiction of vehicle departure time intervals, Proc. of the 16th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2018) (Nov. 2018).
      • Tomoyuki Shimizu, Kyosuke Futami, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto, In-Clock Manipulator: Information-Presentation Method for Manipulating Subjective Time using Wearable Devices, Proc. of 16th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM2017), pp. 223--230 (Nov. 2017).
      • K. FUTAMI, T. TERADA, and M. TSUKAMOTO, Success Imprinter: A Method for Controlling Mental Condition Using Conditioned Impulse, Proc. of the 7th Augmented Human International Conference (AH 2016), pp. 11:1--11:8 (Feb. 2016).
      • K. FUTAMI, T. TERADA, and M. TSUKAMOTO, A System for Supporting Self-Haircut Using Camera Equipped Robot, Proc. of the 12th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2014), pp. 34--42 (Dec. 2014).

国内学会・シンポジウムにおける発表

      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, Success Imprinter: 条件づけ刺激を用いたメンタル制御支援システム, インタラクション2016 論文集, 一般社団法人 情報処理学会, pp. 106--115 (Feb. 2016).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 移動型カメラによるヘアセルフカット支援システム, インタラクション2014 論文集, 一般社団法人 情報処理学会, pp. 17--24 (Feb. 2014).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 心理的影響を考慮した競争情報フィードバックによるモチベーション制御手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2017) 論文集, pp. 467--478 (June 2017).
      • 清水友順, 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 情報提示を用いた主観時間制御におけるウェアラブルデバイスの比較検討, ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2017) 論文集, pp. 40 (Dec. 2017).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, データ改変の伴う車両時刻表を用いた乗り遅れ防止のための自制能力支援手法, ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2017) 論文集, pp. 27 (Dec. 2017).
      • 清水友順, 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, ウェアラブルデバイスの情報提示がユーザの主観時間に与える影響の評価, ユビキタスウェアラブルワークショップ2016, pp. 40 (Dec. 2016).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, ゲームの試行直前の聴覚刺激がスコアに与える影響について, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2016) 論文集, pp. 133--140 (July 2016).
      • 清水友順, 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, ユーザの主観時間制御のためのウェアラブルデバイス向け情報提示手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2016) 論文集, pp. 162--169 (July 2016).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 対象作業に適した自己の物理的な客観視方法の調査, ユビキタスウェアラブルワークショップ2015, pp. 17 (Dec. 2015).
      • 双見京介, 尾上洋介, 坂本尚久, 小山田耕二, 漁場形成における海流の影響の可視化, 日本流体力学会, 第28回数値流体力学シンポジウム講演論文集, pp.  (Dec. 2014).
      • 双見京介, 場の時間変化を考慮した漁場予測技術の動向, ユビキタスウェアラブルワークショップ2014, pp. 30 (Dec. 2014).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, 移動型カメラを用いたヘアセルフカット支援システム, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会2013-UBI), pp. 1--7 (Mar. 2013).
      • 双見京介, 刷り込みを利用した強制型情報サプリメントの活用法, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, (), pp. 15 (Dec. 2013).
      • 双見京介, 寺田 努, 塚本昌彦, ヘアセルフカットを支援するための映像提示システム, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, pp. 16 (Dec. 2012).

学術雑誌等又は商業誌における解説・総説

      • 双見京介, 尾上洋介, 坂本尚久, 小山田耕二, 漁場形成における海流の影響の可視化, ながれ, 34(2), pp. 83--86, 日本流体学会 (Apr. 2014).
      • 双見京介, 寺田 努, セルフヘアカット支援システムのための画像認識および映像提示技術, 画像ラボ 2015年3月号, 日本工業出版株式会社 (Mar. 2014).

助成

    • 双見京介, アイケアのためのウェアラブルシステム 2017年度 電気通信普及財団助成
    • 双見京介, 無学習先行刺激を用いたメンタル制御コンピューティング技術のための要素技術の確立, 公益財団法人アイコム電子通信工学振興財団 平成28年度調査・研究助成
    • 双見京介, メンタル制御コンピューティング技術のための情報提示技術の確立, 公益財団法人 立石科学技術振興財団 2016年度研究助成C